:コロン:s Diary
ヨーキーcolonの明るく楽しいシニアライフをお送りします♪

プロフィール

colonママ

Author:colonママ
9歳にして初!!の病気が不治の病だった、ちょっぴり不運な愛娘colonです。

colon:2000年8月10日生まれの♀
★愛想は良いが人(犬)見知り★

横浜生まれの鳥取育ち
お友だち募集中です❤

コメント欄は不定期オープンとなりますが
何かありましたら、お気軽にメールフォームをご利用くださいませ♪

なお、コメントは公開・非公開に関わらず非表示にしておりますことをご了承くださいm(__)m

いくつになったの

天使になりました

最新記事

カテゴリ

ご挨拶 (31)
日常のこと♪ (118)
colonのこと♪ (217)
★病気・病院★ (115)
☆プレゼント☆ (118)
ママ’s Diary♪ (102)
☆お友だち☆ (117)
☆ハンドメイド☆ (5)
☆お出かけ☆ (61)
☆戦利品☆ (62)
☆広島☆ (7)
☆名古屋☆ (8)
虎さん (5)
未分類 (14)
☆カメラ女子(?)☆ (11)
ころんの日記 (81)
健康のこと (69)
★慢性腎不全★ (12)
☆セコオクドットコム☆ (10)
☆わんこごはん☆ (16)
★認知症★ (6)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

月別アーカイブ

お気に入りのショップ♪

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
一年。
本日12月21日は







1482209716304.jpg
相変わらずごちゃごちゃしてるるる~(´;ω;`)




愛娘colonが虹の橋にお引っ越しをした日。

一周忌に先立ち、メッセージや御供物をくださったみなさまには厚く御礼申し上げますm(_ _)m






あれから一年が経ち
悲しいかなわんこのいない生活に慣れつつありますが
思うことはただひとつ。




colonと出会い共に過ごした時間は
辛く悲しいことを忘れるくらい
幸せで素晴らしい日々だったということ。






一周忌 (5)
こんなブサおマヌケ顔が親ばかフィルターを通すと可愛く見えるんだわ!





15年4ヶ月の犬生は長生きとは言えないけれど
たくさんの持病と力の限り闘い、完全燃焼したこっちゃんは

ワタシたちにとって自慢のムスメであり、かけがえのない宝物❤






そして、ブログを通して


たくさんのお友だちからの




一周忌 (3)
たくさんのプレゼントも♪





たくさんの温かいお言葉や元気玉も



大切な宝物になりました❤





本日をもちまして
『ころんの日記』は完結とさせていただきますが


6年半、とっても楽しいブログライフを送ることができたのも
ひとえに、生前から・・そして亡き後も足を運んでくださった
みなさまのおかげに他なりません。






一周忌 (2)
需要はまずないであろう熟女老婆の入浴シーン。笑




読んでくださってるみなさまに
『明るく楽しいシニアライフ』をお伝えしたかったのですが

時には目を背けたくなる出来事や、シニアの悲しい現実を
お伝えしてしまい、本当に申し訳なく思います。



それでもなお、お読みくださったみなさまには
言い尽くせない感謝の思いでいっぱいです。






ブログを始めたときはすでに30代でしたが
世間知らずで人付き合いも苦手だった飼い主。

多くの方々とのご縁に恵まれ
みなさまからのありがたいお言葉や、叱咤激励をいただき
そして、colonの看護・介護・看取りを経験して
強く逞しく図太い(?)アラフォーになれたような気がします。







一周忌 (4)
砂丘の中心で砂を食べるww



こっちゃんが、最初で最後のオンナ~♪でもいいくらい
大満足なわんこライフの余韻をいまだに引きずってますが


もし、こっちゃんのお眼鏡に叶うコが現れたとき
また別のカタチでみなさまとご縁がありますよう
願ってやみません。









改めまして






片田舎で暮らすおばーちゃんわんこを



可愛がってくれて



気にかけてくれて









一周忌 (1)






みなさまが光り輝く道を歩まれますように。





本当に・・・・










あざっした!!







もしかしたら
こっちゃんの想い出話をまた書いちゃうかもしれませんが
その時はひろ~い心で読み流していただけると幸いです(*ノω・*)テヘ







最終回なのでコメント欄を開けておりますが
お忙しいことと思いますので
読み逃げでOKバブリー(またか!)でございます(*´∀`)♪
もしなにかありましたら、いつでもこちらからご一報くださいませね♪




スポンサーサイト
愛娘colonとの生活の中で
自分なりにではありますが、やるべきことは全てやりつくし
後悔のないわんこライフをすることができた!と思っておりますが




実はひとつだけ、心残りがあります。






それは・・・・





こっちゃんが生きている間はおろか


旅立ってからもいまだに叶えられてない夢。








夢 (1)




日本一のど田舎に嫁いできちゃいましたが
←のプロフィールにも書いてある通り
実は、はまっ子なんですよ~。



ネットde検索したところ、今でもそのブリーダーさんは
ヨーキーやトイプーのブリーディングをなさってるらしい。


15年以上も前のことなので
こっちゃんのことはきっと覚えてらっしゃらないと思うけど
せめておかあさんのことやその当時の様子など
ちょっとでも聞けたらいいな~って。

そして、こんなに可愛くいい子に育ちましたー!
ってお見せしたかったわ。笑







ただ、車を始め乗り物がちょー苦手だし







夢 (2)



たくさんのリア友に出会えたり





夢 (3)




可愛い子分(?)にも恵まれたこっちゃんにとっては

別にどーでもいいことなのかもね(;^ω^)







一緒に行くことは叶わなかったけど


必ずや、最愛のムスメが生まれた場所へ行くぞー!







夢 (4)






そうだ、来年の目標にしよう♪



【2016/12/19 00:46】 | ママ’s Diary♪ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
終の住処。

愛娘colonが旅立って一年が経とうとしておりますが











終の住処 (5)





はいはい、まだ遺骨はありますよー。笑





あ、家にあるからといって
ワタシ的にはお骨自体にそう執着があるわけでなく←?
天からの授かりものは地に返すべきだと思うので

いつかは終の住処を見つけねばと思っていました。








で、色々と話し合った結果・・・



ワタシたちが元気なうちはもう少しここにいてもらい

いずれかは、主人の実家のある広島で










終の住処 (4)
一足先にクリスマスver




順番からいけば先に入るであろう

大好きなおじーちゃんおばーちゃんと一緒に
過ごしてもらうことになりました♪





そんな話をしている中、先日祖母の一周忌があったので
お坊さんに聞いてみたところ



やはり一番いいのは、ペット専用の霊園だそうですが








終の住処 (2)
※イメージ画像




すぐ近くで一緒に過ごすことのできるこんなお墓でも
OKバブリー!! 





たーだー







終の住処 (1)






NGのところもあるそうなので
みなさまもしご検討の際は、ご確認なさいますようにm(__)m




どんなお墓にしようか悩むわー\(//∇//)\←実は楽しみ




【2016/12/17 00:23】 | ママ’s Diary♪ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ばかやろー
閲覧数の少なくなった今だからこそ
書かせていただきますが









バカヤロー (1)




ワタシ怒ってますっ!!






当ブログを見て下さる方は
相当な親ばかであり、動物好きだと思うので
信じられなーいことかと思いますが




動物病院での安楽死は、正直少なくありません。
それに慣れつつある自分は怖い(´・ω:;.:...。





それは、例えば手の施しようがない状態で苦しみから解放してあげるだとか
飼い主さんの事情(看病疲れ)であるとか理由は様々で

安楽死を完全否定するつもりは毛頭ないのですが





年だから・・・



お金がかかるから・・・




で、安易に安楽死を選ぶってどうなのさっ(●`ε´●)






しかも、その子を手放したくせに



すぐに新しいコをお迎えしたと聞いたトキ
怒りを通り越して、悲しくなりました。




飼い主さんはきっと知らないでしょう





その子が





バカヤロー (2)



ずっと檻の中に入れられたせいで
お外でパニックを起こしてしまうことを。







そして、そんなクソ飼い主でも





バカヤロー (4)





その子にとっては、一番大切な存在であるということを。

※適切な治療を受けて病院の子として第二の人生を歩むことになりましたm(__)m







ペットはおもちゃやぬいぐるみじゃない。


ちゃんと感情を持っていて

ワタシたち人間に、命の尊さやたくさんの
喜怒哀楽を教えてくれる素晴らしい家族。






ひとりでも多くの動物さんが、最期までその生命を全うできるよう
願ってやみません。





【2016/12/15 00:55】 | ママ’s Diary♪ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
長生きの理由。
日記完成まであともう少しですが
そんな時に限って書きたいことがモリモリ湧いてくるるる~。爆
ちょいとピッチを上げて行きますね(*ノω・*)









動物病院で働いてて一番驚いたのは

ご長寿わんこさんやにゃんこさんがとっても多いこと(羨)!!



20歳を超えても特に持病もなく
病院に来るのは、ワクチンや定期検診だけという
なんとも羨ましいシニアライフを送ってらっしゃるコも!

ただ、持病と上手く付き合いながらって場合がほとんどですけどね(^^ゞ



で、ちょっと気になったのでスタッフに
長生きをするための秘訣(?)を聞いてみたところ・・・・












長生きの理由 (2)




他ならぬ、持って生まれた体質だったり生命力だそーです。爆


この世に生まれた瞬間に、運命が決まっているってのは
あながち間違いじゃないのかな?






ただね。

持病の悪化や不慮の事故で入院してるコが
それまでぐったりしてたのに

飼い主さんが面会に来た途端、尻尾フリフリで飛び上がる姿を見たトキ
飼い主パワー恐るべし!と思わずにはいられませんでした。




ちなみに、こっちゃんも何度か入院したことがありますが






長生きの理由 (4)






ほーらね。笑





といっても、うちの場合は逆バージョンで
外では一切鳴かないのに、入院中は泣き叫び声を枯らし


飼い主がいると







長生きの理由 (1)



ぐったり。 (安心してるのよね、ねっ!?)



※うちの場合、入院すると余計具合が悪くなるのは性格に問題ありだそうで。恥
 こっちゃんと同ケースのお友だちいませんかーっ!?







そこでワタシはこう思う。





いいせんせーとの出会いや、飼い主の愛情
そして、お友だちからの元気玉は

もし寿命を変えることができなくても
その子のパワーを最大限に引き出してくれる大きなチカラになる!!








長生きの理由 (3)




チーム☆親ばか のみなさま


ありったけの愛情とお金を注いであげてくださいまし❤



【2016/12/12 00:26】 | ママ’s Diary♪ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

copyright 2005-2007 :コロン:s Diary all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。